骨折の種類

              ↑見たい方はこちらをクリック

こんなにある!骨折の種類

 

実はわたし、ひび=骨折だと思っていませんでした。
どちらかと言うと、ひびは骨折の手前で軽めの症状で
「ポッキリ折れたら骨折」、「ひびが入ればひび」と勝手に思い込んでいたのです。

 

 

 

しかし、今回足の小指をくじいて腫れて変色して
普通じゃない症状になり、調べていくとひびは骨折であることが判明(汗)

 

 

因みに骨にヒビが入った状態は、亀裂骨折と言います。
骨折でも複雑骨折は、やっかいで状態が悪い、回復まで時間もかかると
聞いたことはありますが、それにしても骨折の種類って、こんなにあるんですね。

 

 

骨折の種類

圧迫骨折、裂離骨折、引違い骨折、粉砕骨折
複雑骨折(皮下骨折、解放骨折)
単純骨折(閉鎖骨折)
完全骨折、不完全骨折、複合骨折

 

 

さらに指の骨折には、
「中節骨骨折」、「中手骨骨折」、「末節骨骨折」、「基節骨骨折」と、
部位によって名称が異なります。

 

 

指の骨は他の箇所の骨と違い、小さくて繊細なので注意してください。
後遺症や痛みを残す危険性があるので、接骨院や整骨院ではなく
整形外科に行きましょう。